ののすけのあけすけ

オタクのとっ散らかったあれそれ

星屑の反乱を楽しんだ話。

 

今日は面倒な前置きとかはナシです。ミュミュを見ました。

先日のニコ生配信のミュミュとカリグルですね。TS消化しよ!って昨日ぶっ通しで約5時間見たわけですよ。

 

めっっっっっっっっっっっっっっっっっっちゃよかった

 

過去に自ジャンルがステから入ったオタクで荒れたり公式がステから逆輸入したりしてキャラ崩壊したり2.5次元界隈に足を踏み入れた結果めんどくさいオタクになったフォロワーと揉めたりとあまりいいイメージがなく、っていうか言っちゃうと嫌な思い出しかないから自ジャンルのステなりミュなりなんだりかんだりラジバンダリって見て見ぬふりをし続けてきたんですけど、推しであるランズベリー・アーサーがアニメ同様月皇海斗を演じますって言うんだから機会があれば見てみたいなあと思っていたので折角無料で見れるなら!と見てみたわけ。そしたら今まで避けてきたのをちょっと後悔するぐらい良かったんです。

さっきスカイプしながらも話したんだけど言葉にするのが難しいけどなんかもうほんっとによかったさっきからそれしか言ってねえな。

 

 

 

 

ミュミュ本編。~大まかな流れに私の感想を添えて~

 

まずは「我ら綾薙学園華桜会」 華桜会メンバーの4人がステージの上側、鳳先輩だけが下側で踊ってて見事に別室中継の鳳先輩だった。

この時点から思ってたけど鳳先輩歌い方も喋りもめちゃめちゃ鳳先輩で喉に諏訪部さん住んでます?みたいな気分だった。すごい。

そこからキャスト全員で歌う「DREAMERスタミュFes.の物販列で聞いて泣き崩れたのを思い出しました。ミュミュはみんなで歌ってたんだなあ…いいもの聴かせてもらったなあ…あの時のお金払わせてくれ

唐突に現れたタイトルロゴがめちゃめちゃ高校の文化祭レベルで笑いそうになったし思わず写真撮ってTwitterに載せてしまった  ス タ ミ ュ

次から次へと現れるキャストたちが各々原作のキャラに寄せているというかそのキャラを節々から感じられて原作ヤクザファンとして嬉しい限り。

特に空閑愁推しだからこそかなり厳しい目で見ていたと思うんですけど、まずキャストさんの地声?が高く、最初はその点でちょっと違和感あるなあと思ってて。でも動作や表情とかそういう部分で限りなく空閑愁でいいなあ、よかったなあって。

特に「星屑ムーブメント」の『情熱がスパークする』がめちゃめちゃめちゃめちゃ空閑愁だったんですよ。大事に、素敵に演じてくださってありがとう。Fes.で前野さんが「ミュミュの愁もよろしく」(意訳)って言ってただけあるなあって思いました。

各々のソロ曲、特に空閑愁天花は衣装も早着替え?で変えてくれてアニメを彷彿とさせてくれておお~!!ってなったし、まさか天花寺が「AngelLost」を歌ってくれるとは思いませんでした。まじか。

楽しみにしていた海斗くんの「LimitedSky」はまさかの2番でびっくりしたけど2番の歌詞大好きだからとっても嬉しかった…アニメの動きをオマージュした振り付けもあって海斗くんに思い入れの強いアーサーさんのこだわりも垣間見えて良かった…ありがとう…

そしてちむらぎの「スター・オブ・スター」めちゃくちゃ完成度が高くてびっくりしました。評判がいいと耳にした虎石はもちろん、5人それぞれがまさにちむらぎそのもので、思わず目を奪われてしまって。特に辰己虎石戌峰の3人。めちゃめちゃ本物だった。最高。

五重奏~クインテット」から「アヤナギ・ショウ・タイム~鳳アレンジVer.~

アヤナギ・ショウ・タイムがね、アニメの振りをそのままやってくれてめちゃくちゃ高まった…うおおおおおおお!!!!!!って画面の前で声出してた。

そして鳳先輩柊先輩のやりとりを挟んでクインテットに戻るっていう流れ

ミュオリジナルの歌詞も挟まれてて演出にも感動しました。

星のストライド」のデュエットバージョンやってくれたのもめちゃめちゃ良かった泣いた。空耳が聞こえ……ウッ…;;

そして先ほどもちょっと触れた「星屑ムーブメント」間奏明けのソロが続く所(前に記事でも紹介したね!)がちむとり~~;;;;;;;;;;;;空閑愁空閑愁でもう、もう、ありがとう。ありがとう…

アニメと同じように話が進んでいき、綾薙祭の野外ステージが倒壊。ゲリラ公演のために奔走しようとするちむとりの話を戌峰が聞いてしまう…の流れの中で、ステージのでかい段差、段差っていうかなんか、もう壁?他のキャストが階段を使って上り下りするところを戌峰がひょいひょいって自分の手足だけで登るシーンがあったんですけど(よく見たら足掛ける溝?みたいなの付いてました)そこに驚きすぎて一瞬固まった。戌峰今何した?みたいな。戌峰の身体能力の高さをあんな形で魅せてくるなんて想像してなかったです。あの演出考えた人天才っていうか奇才だよ。すげえ。

そしてちむらぎの「CaribbeanGroove」後にスピンオフ公演を行うのも納得の仕上がりでした。めちゃくちゃかっこいい。カリグルの話はまた後日記事にするから割愛します。

そして天花寺の口上から始まるちむとりのゲリラ公演、スターダストミュージカル。「星瞬COUNTDOWN」もう涙が止まらない。アニメ見てる時と同じように泣きじゃくりながら見た。むり。ちむとり。

そしてキャストが「永遠STAGE」をバックに次々現れて一礼。BGMだと油断してたら最終的にみんなで歌いだした。ようこそ輝きへ~~~~~~~~;;;;;

キャスト陣が挨拶をする中で印象に残ったのはアーサーさんが挨拶してる時に横から「今月皇?アーサー??」「月皇に声似てますね」みたいな茶々をちむとりキャストが入れてきた所。そのわちゃわちゃ感までもがちむとりそのものって感じでにやにやしました。にやにやしてたら挨拶の最後で「アニメの中でまた会おうな」って海斗くんに言われて死んだんですけどね!!

 

 

とまあこんな感じで毛嫌いしていたのが嘘のようにすっかりミュミュにのめり込んで見てました。

ミュミュを見てもきっと「やっぱアニメ派だな~」みたいな気分になるかと思ってたんですがあまりにもミュミュがスタミュ』という作品の一部を切り取ったって感じで、そこに「アニメ」「ミュージカル」という形の違いはあれど垣根はなくって間違いなく『スタミュ』という作品でした。製作陣もキャスト陣もスタミュという作品を大事にしてくれているんだろうな、ファンとしてこんなに嬉しいことはないなと思いました。

 

2.5次元作品への感情の大きな変化だったり、書きたいことがまだまだたくさんあるんだけど終わりそうにないのでそのあたりは後日書く予定のカリグルの感想の時にでも。

とりあえず今度の休みに第二幕のディレイ公演のネチケ買います。楽しみだ!それもきっと感想書くで。

 

 

それではぐんない( ˇωˇ )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栗の屍を越えて行け

 

 

地獄の告知から早2ヶ月半程経ちましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

3日ほど前に私の手元にもこちらのCDが届きました。

とりあえずまずは

 

f:id:n0n0_suke:20180713020958j:plain

 

画像は某フォロワーよりお借りしました フリー素材って言ってたし。ありがとな

本日、満を持してこちらのCD(通称:栗ちゅーばー)の本編を聴ききりましたので感想など綴っていこうかと思います。

 

死地に赴く軍人のような気持ちで聴き始めたのですが正直覚悟してたよりもダメージはなかったです。

焼き栗に因縁のある某レビューブロガーさんの記事に綴られているようなトンチキシナリオではなかったことが救いだと言えます。

なにより推しの演技が格段に良くなっていたとてもとても良かった。

そもそもボーイズがラブする作品は苦手ではないものの、音声がつくととたんに拒否反応を起こすという厄介なアレルギー持ちなので、他作品と比べたり、数をこなしているベテラン声優陣と演技を比べるということはできませんが、ドラマパートの何気ない日常会話の演技がそれはもうとても最高of最高なんでこれがシチュCDじゃないんだ

 

試聴ですらしんどかった濡れ場も案外するっと聴けました。

リップ音とか拙いなりに良さがありました。ぜひ乙女向けシチュCDで鍛えていただきたい。今後に期待していきたいです。

お相手の圡田玲央さん、ほかの作品でお声を聞いたことは(多分)なかったのですが、そちらもとても聴きやすく可愛らしいキャラクターでした。

フリトのふたりのやりとりもとっても可愛くてこれがBLCDじゃなければ百点満点とはいきませんがかなりの高得点をあげたいところです。

 

 

さて、このCDが発売すると決まった際、私はかなりのショックを受け、Twitterで喚き散らしたわけですが、出演する当の本人がこのようなツイートをされておりました。

 

 

このツイートを見たときは正直びっくりしました。ファンレターって良かったことだけを伝える場じゃないんだっていうのがカルチャーショックだったんです。もちろん人にはよると思うんですがこうやって当人が苦手なものは苦手って教えてほしいって意思表示をしてくれたことで、そういうことも言っていいんだっていうことがわかったというのが私の中ですごく大きくって。じゃあそれを伝えるんであれば聞き届けた上で伝えるべきだなと思い、フォロワーに心配されながらも上記のように初めて推しのBLCDを聞ききりました。まあ、なんとか聞けたってだけで今後も好き好んで聞きはしないだろうなというのが正直な感想です。

先月発売した 生きているだけで褒めてくれるCD の感想と一緒に栗チューバーの感想もしたためてお手紙を書こうと思います。とにかく今後こういったジャンルのお仕事を続けるとしてももう焼き栗とはご縁がないことを切に願っています。

 

次は楽しい記事が書きたいね!前記事のスタミュの話の続きも近々書きたいです。

いろいろまだ咀嚼しきれてない部分もあっていつも以上に支離滅裂だけど今日はとりあえずこれで。それではぐんない( ˇωˇ )

 

人生の話 ~第一幕~

某レーベルへの殺意が殺意通り越して虚無!ののすけです。

上記の件でつらいのもあるんだけどここ数日熱が高まっている星劇の話をしようかなと思います。

 

「 ブラハは運命、スタミュは人生 」

これ某フォロワーと私の共通認識なんですけどね。まじでこれなんですよ。

運命の話はまたの機会にするとして

 

とりあえずフォロワースタミュ見て

 

この「とりあえず見て!」って勧め方あんまり良くないって間島さんが言ってたけどこれしか言えねんだ…言えねえんだよ……

スタミュという作品を構成するすべてが愛おしくて仕方ないんですけど、こんな風に思える作品に出会えたことに感謝しかないんですよ…なんかちょっと宗教じみてきたけど違います。スタミュis人生。

 

過去のツイートとかでお察しの人もいるかも知れないんですけどスタミュという作品に対しての思い入れが強すぎてめちゃくちゃめんどくさいオタクなのでそのへんはマジでごめんなって感じなんですけど本当に私にとってすごく大切な作品なんです。きっとみんなにもそういう作品あるよね?わかるよね??そういうことです。

 

体感5分アニメだし突然歌いだすしツッコミどころも結構あるんですけどストーリー自体はすごく王道だと思います。青春!って感じ。キラキラして眩しい。あー尊い

なにより楽曲がいい。楽曲がいい作品に転びがちなオタクなので転ばないはずがなかったんですよ…

ミュージカルアニメなので楽曲一つ一つにストーリーとかバックボーンとかがあるんですけど曲だけでも十分楽しめる。曲から入るのも大いに有りだと思います。そこからアニメみてこの曲はこういう話の流れからなのか~!って噛み締めるのいいと思います。

全話見終わる頃にはきっと楽曲だけで涙を流せる限界オタクになってると思うよ!

 

折角なので私の好きな楽曲を少し紹介しようかなと思います。いや全部好きだから選びきれないんですけどめちゃくちゃ振り絞って紹介します。めっちゃ長くなる気がするけどみんな付いてきてネ。今回は1期の曲だけにしとくね!

 

 サティスファイ!!!!!!

我ら、綾薙学園華桜会

我ら、綾薙学園華桜会

  • provided courtesy of iTunes

とりあえず第一幕はこれだと思います。入門編。

魔法などありはしない リアルだから伝説なのさ」っていう歌詞がすごい好きなんですよねこの曲の。

指導者としてスタミュ第一期を牽引していく華桜会の貫禄も感じられつつスタミュの世界にぐっっと引き込んでくれる1曲です。

 

あ〜、女で良かった!!!!! 

Honey! Honey! Trap!

Honey! Honey! Trap!

  • 虎石和泉(CV:KENN)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

数あるスタミュの楽曲で唯一のラブソングです。

そしてteam柊の中で唯一ソロ曲を歌ったのはこの男、虎石和泉(CV.KENN)です。

けんぬですよ!!けんぬ!!!いやけんぬのラブソングはこの世に溢れかえってるんですけどまじでこれ最高なんですよ。

女の子に生まれてくれてありがとう」ってけんぬに歌ってもらえるのはスタミュだけ!

個人的な最高ポイントは2番のサビの終わりがけ

片想い?バカだな、抱きしめるよ」 の「バカだな」の歌い方!

まじで語りかけるように歌うんですよ っはー最高。全女子が虎石の子猫ちゃんになること間違いなし。

同じCDに収録されている空閑愁のソロも最高なので買ってください。買って。

 

 

 

今僕は~旅に出る~♪

アヤナギ・ショウ・タイム

アヤナギ・ショウ・タイム

  • team柊
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
アヤナギ・ショウ・タイム~鳳アレンジVer.~

アヤナギ・ショウ・タイム~鳳アレンジVer.~

  • team鳳
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

続いて2曲。同じ曲なんですけど歌ってるメンバーとアレンジが違います。

team柊バージョンが綾薙学園で代々受け継がれてきた原曲、

team鳳バージョンはその伝統のアヤナギ・ショウタイムに鳳先輩の遊び心という名のアレンジをたっぷり詰め込んだ、って感じ。

私は鳳バージョンの方が好きなんですけどこれ鳳先輩一人でアレンジ考えて音源作ってってやってるんでしょ?天才じゃん。遊びの天才。 

 アニメの「さあ、ボーイズ。遊びの時間だ!」っていう前振りから鳳バージョンのイントロが流れ出すところが最高にゾクゾクして大好き。

あとはこの2曲を聴き比べるのも楽しいですね。こっちで○○が歌ってるところをこっちだと○○が歌ってるんだ…とか思いながら延々と聴いていられる。あー旅に出てえ。

 

 

眩しい!!!!眩しい!!!!!!

Ready→Steady→Dream!

Ready→Steady→Dream!

  • team鳳
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

日常パートのわちゃわちゃしたteam鳳の雰囲気が詰まった1曲。

でも歌詞を読み込むとちょっと泣きそうになっちゃうくらいキラキラで最高。

2番の「出来る?出来ない?やってみよう!」がめちゃくちゃ可愛いんですよ~推し~!

夢がいっぱい 夢がいっぱい 他に何もいらない」っていう歌詞がまさに青春!って感じで、ほんとにこの曲眩しい!!!!!!!

 

 

しんっっっっっっっっっっっっど

uncontrol

uncontrol

  • provided courtesy of iTunes

 まじで鳳柊の関係を思うとこの曲しんどいがすぎる。しんど。え、しんど!

擦り切れた約束握り締め

いやいやいやいや出だしからしんどさ全開じゃん?無理じゃん??

君の背中には目に見えぬ翼が生えているのだろう 僕を地上へと置き去りにしたまま

もうね、こんな歌詞だめよ。涙腺バカになるわ。

前に別垢のフォロワーさんと話してたんですけど、自由に飛び回っている鳳先輩が地に根を張る「」で家柄とか立場で雁字搦めになっていた柊先輩が「」なんですよね。スタミュそういうとこやぞ。

 

 

立ち向かって行けボーイズ! 

星屑ムーブメント

星屑ムーブメント

  • team鳳
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 どこ~かで~み~つ~め~て~る~~~~~~~(号泣)

まじでこれは是非アニメをみてこの曲のしんどさを体感して欲しい

あの星谷の語りから始まるのを みて お願い

間奏明けの「情熱がスパークする」からのソロが続いて「さあ踊りだせボーイズ どこかで声がする」の流れが最高だし最強だし涙が勝手に出てくるんですよアレオカシイナ…

 

 

月を宿した気高き名の下に 

Moonlight(s):Episode

Moonlight(s):Episode

  • provided courtesy of iTunes

私の推しが子安武人と歌ってる…意味わかんない……

いやこの兄弟もほんとにしんどいなあ!!!しんどいやつしかいねえのかこのアニメ!!!!

存在が大きいほど誇らしい気持ちで」「リスペクトを胸に秘めて ジェラシーを力に

海斗くんのパートの歌詞がさあ ねえ こんな こんな も~~~(語彙力消失)

曲自体は優雅でキラキラしてるのにこんなにも歌詞がしんどい。しんどいです。

 

 

これから全てが始まる 

星瞬COUNTDOWN

星瞬COUNTDOWN

  • team鳳
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

第1期のEDです。毎週聴いてても最高だったけど改めて聴いても最高。 

2番サビの「ヒカリヒカル 喝采の海 やがて余韻だけを残して」って歌詞がめちゃくちゃに好きでそこだけで泣ける。

あとはCメロの「翼の生えた少年たちは歌う」の海斗くんの歌い方が最高100点満点中8億万点!!!!!!!!!!!!!!!って感じに最高なので聴いてください。

EDなのに「これから全てが始まる」っていうのがまたいいですよね。最終回でこれ聴きながら絶対2期やるでしょ!!!!!!!!!!って言ってた。そうだよね!!!!!!!!!!!!!あったね!!!!!!!!!!!!!!!!!やったーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

というわけで明日(じゃないかもしれない)は2期の楽曲をこんな感じで紹介したいと思います。興味持ってもらえるかわかんないけどなんかこう、伝わればいいな。スタミュってこんなに素敵なんだよっていう私のパッションが!

 

 

BOXあるからみんな買って!!みて!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8色の支配者と反逆の放火

 

エクスカリバーが火吹くで!(CVランズベリー・アーサー)

 

どうも、ののすけです。タイトルは某CDから借りましたがエロい話は特にしません。

 

現在 “ 声グラ乙女チャンネル ” にて隔週月曜配信中の

畠中祐 ランズベリー・アーサーの「俺にかまわず先に行け!」

昨日(6/4)配信された第3回にてメールを読まれてテンションがぶち上がっております。

 おまけ含めて2回も読まれたし何故か4,5回名前呼ばれた!!

こんなん私のこと大好きじゃん!!!

 

妄言はさておき、おれかまパーソナリティの2人も所属している

若手男性声優ユニット『8P』を独自の視点から紹介?してみようかと思います。

フォロワーはもちろんご存知だとは思いますが、

8P内では水色担当のランズベリー・アーサーさんが私の推しです。

今日は他の7名と私の推し、アーサーさんとがペアになった時の

魅力的なものを伝えられたらなと思いますので、ちょっと長いけど最後までお付き合い下さいませませ。

 

 

それでは早速参ります。

 

まずは担当畠中祐

『俺にかまわず先に行け!!!!!!』

先述の通り、2人でラジオやってます。

8Pとして活動する以前から親交があり、プライベートでご飯食べに行ったり、

山登ってみたり…と、とってもとっても仲良しで、8PChannel第1回放送では

アーサーさんから「業界で唯一くらいの友達」との発言が飛び出したりしています。

そんな仲良しな2人だからこそにじみでる空気感とか、お互いのことをわかってる感が

このペアの魅力だと思います。

なんかこう、信頼関係みたいなのがね、わかるんですよ。ええ。

個人的には2人の出会いである「アニメマシテ」の時点で

アーサーさんを応援していたので、2人がこうして同じユニットで活動していることが

なんだか感慨深いです。

今後リリースされる予定のデュエットソングもこの2人で歌うので

ぜひぜひチェックして下さい!イケイケイケイケ!じゃないかっこいい曲らしいよ!!

 

 

続いてピンク担当野上翔

個人的推しコンビ!!!!!!

圧倒的に私情を挟んでるんですけど

この2人、相性いいんじゃないかなと密かに(?)思ってまして。

周りをよく見ていて、気配りができ、その時自分がどういう立ち回りをするべきかを

考えながら動いている野上さんはアーサーさんのよくわからない小さなボケを

ちゃんと拾い上げて突っ込んでくれるんですよ。

3rdシーズンの発売記念イベントの「MVPは誰だと思いますか?」というアンケートで

「いつもツッコミご苦労様です」なんて言われていた野上さん。

そのツッコミがあるからこそ締まる場、起こる笑いがあるなと

感心することが多々あります。ほんとにいつもありがとうございます。

突っ込めて偉い!!(CVランズベリー・アーサー)

あと並んだ時の配色が可愛い。女児カラーリング。すき。

アーサーさんが年齢不詳非公開なので、はっきりとは言えませんが

歳も近いはずなのでもっと親密な(?)仲になって色々やってほしいなと思う2人です。

野上全力シリーズに全部付き合うアーサーさん マジで待ってます。

 

 

次!黄色担当八代拓!!

某氏と私の推しだね。

正直ここ2人が1番悩んだかもしれない。

なんというか、この2人を密室に放置したらきっとなにか大変なことが

起こってしまう気がしてならないんですよね。だってポンコツなんでしょう?(ド失礼)

あとは各々相方的な立ち位置の人が固定化されている気がしてます。

間に榎木さんを挟んだりすると「あ~いつもの並びだな」感はあるんですけど。

そんな2人がガッツリペアとして絡むとしたら

デュエットソングリリースに際して来るのではないだろうかと言われているラジオですかね…

あとは番組内でくじ引きとかでペアになるとか。

いままでこの2人がペアになったことあったっけ?なくないですか??あったらごめんなさい。

そういえば3rdシーズン第5回では「ちょっとだけ自分変わってるかなって最近思う」

「でも多分この辺はちょっと近い(ものがある)のかな」と八代さん榎木さんをさしてましたね。

何か近しいものを感じてるようです。

きっとこの2人ならやばい素敵な化学反応を起こしてくれるんじゃないかな!

今後に期待したいペアです。

 

 

さあ来ました、担当榎木淳弥

ようこそランズベリーサーカス団へ

番組内で行われた「ランズベリーサーカス団への道」(2ndシーズン第9回)にて、

団長に目をつけられのお眼鏡に適って以来、団長と団員という謎の関係性を築いているこの2人。

正直やべえ香りしかしねえんだよな!!!!!(コラ)

ビジネスサイコパス榎木さんマジモンのサイコパスが囁かれている

アーサーさんっていうのもありますしね?もうなんか混ぜるな危険って感じ。

あと「淳弥!!!!!」って言うの好きですよねアーサーさん。楽しそうでなにより。

八代さんの部分でも書きましたが、どうやらなにか近しいものを感じ取っているご様子なので、

これからも一団員として団長を支えてあげていただきたいです。

サーカス団企画第二弾まだですかね。

 

 

続きまして担当専務こと髙坂篤志

親の顔より見たコンビ 嘘です盛りました

立ち位置が隣だったり、最初のユニットソングでデュエットしたり、

同系色だったりと何かとご縁があるこの2人。

やっぱここはね、安心感・安定感がありますね。MCにも定評がある専務だからね。

ただね、一番まともそうに見えてそうじゃない2人でもあるよね。

なんてったって団長名誉団員ですからね!!

あと隣に立った時のバランスがいい!見栄えもいい!!一番綺麗で真人間に見える

多分専務との年齢も近いはずなので会話も弾むんじゃないかな。

モノボケ大会で優勝して8万ゲットするくらいなのでやっぱり相性抜群だと思います。

 

 

 お次はセクシャルバイオレット担当益山武明

 武だってこう言ってんじゃん!(CVランズベリー・アーサー)

距離感の詰め方がおかしいんだよなあ…

でもそういう距離感で行っても大丈夫だと思わせる包容力が益山さんには

あるんだと思います。流石パパ

アーサーさんが全力でぶつかっていっても受け止めてくれる。

専務とはまた違った意味の安心感がありますよね。

それこそラジオとかエチュードのペアとかやってほしいなって思ってるんですよ。

なんかこう…うまくまとまりそうな気がして。広げるところは広げて、締めるところは締める。

そういうバランス配分が上手く出来そうだなっていう勝手なイメージです。

 

 

最後!担当千葉翔也!!

何気仲いいよね?!?!

ハリネズミカフェとか一緒に行ってたもんね?!翔也のショイヤだもんね?!(?)

こないだのイベント後の2人のリプライでのやりとり可愛かったですね。

ランズベリーちゃう、ラズベリーや。

やっぱり人懐っこくて年上に可愛がられる立ち回りがちばしょはお上手だから

アーサーさんも構いたくなっちゃうのかな。

たまにアーサーさんの小ボケに翻弄されてるのも面白いです。

あとJKのときのツーショがあまりにもガチすぎてガチガチのガチ(???)

誰だ文章考えるの飽きてきたんだろって言った奴 その通りだから言わないで

コミュ力高めのちばしょだからアーサーさんともばっちりコミュニケーションとってくれてるみたいでありがたいです。

これからも仲良くしてあげてください(誰目線だよ)

 

 

 

 

 

こんな感じで若干だらけた感じもしますが推し贔屓な感じでざっと紹介?プレゼン??のようなことをしてみました。

いかがでしたでしょうか?

まだ8Pに触れたことがないフォロワー、気になったらきっと

あなたの最寄り(?)のえいぴの民がいろんな角度から布教しにやってくると思うので

それとなく呟いてみてください。私も見つけ次第駆けつけます!イケイケイケイケ!!

 

明後日はぴちゃん更新やんけ!やったー!! それではぐんない。( ˇωˇ )

 

 

 

 

 

 

主張したい

 

どうも、部屋が荒れ地なのに片付ける時間が無いののすけです。

 

来週の今頃は友人の家でイベントに備えているのかと思うと震えますね

今日はそんなカラフルな8人組関連の話題でひとつ

 

某氏に「ここのおたくは小綺麗」って話を聞いたんですけど

メンバーカラーが存在するのにカラーを主張してこないことにカルチャーショックを受けてるんですよ。

元々ハロプロの畑で育ったのもあるのかとは思いますが、なんで主張しないの?

まじで理解ができない。

 

別に個人として特定して認知されたいとか思ったりはしてないんですけど、

ステージから見た時に自分のメンバーカラー身にまとってる人がいたら

応援してくれてる人がいる!

ってなりません?なんならそこに向けてちょっとファンサしてやろ!みたいな。

私だったらそう思うなーってだけなんですけど。

そもそもステージに登壇する人数が多ければ

もしかしたらこの会場に見に来てる人達みんな自分以外のファンかもしれない

なんてこともあるかもしれなくないですか??

いやたぶんそんなことないでしょうけどね!?なんたって今をときめく若手男性声優ですからね!!!!

そんなことを思ったりして熱く通話で語ったりしました。5時間?も付き合ってくれてありがとうな。

というわけで、もちろん来週のイベントは主張ガンガンで行きますよ。

スレで晒されたら笑ってくれな。

 

 

 

キンブレシートなるものを作ってみようかと思ってるけど推しの名前長すぎて入らなさそう。

 

 

それではぐんない( ˘ω˘ )

 

 

 

 

 

ブームに乗る

基本的に流行りに乗り遅れる女、ののすけです。

知ってる人はこんにちは。知らない人もこんにちは。

まあ今、夜だから時間的にはこんばんはなんだけど

 

少し前に第一次フォロワーはてブロブームがありましたね。

栗レビューがきっかけだったようなそうじゃなかったような気がする。

その時も「流行りに乗るかあ~!」って言って言っただけマンになってたんですけど、

第二次フォロワーはてブロブームが来たので

「今度こそ乗っかっていこう」ってことでね、始めて見ましたけれども。

 

第一次フォロワーはてブロブームに乗らなかった理由が

特に書く事がない

だったんですよね。書くことないなら始めたところで3日も持たないでしょ。

そもそも飽きっぽいんだしやめとけやめとけ!って

で、今回第二次(ry ←この表記古い?に乗ろうと思ったのは

書きたいことができたから

まあそれ書いて満足して終わりそうなんですけど。

飽き性の私がどれだけ続くかご期待下さいってことで。

 

ってかブログってもの自体が懐かしいな!

Twitterに入り浸る前はヤフブロにずっといたんですよ私。

思い出したくもない黒歴史いっぱい詰まってるけど。

まあだらだら書いてもしょーがないんでこのくらいにしておきます。

書きたいことはゆっくり書いて推敲してから投げます。

 

それではぐんない( ˇωˇ )